結婚式までにやること その5

| コメント(0)

ビデオ撮影や写真撮影業者へ依頼

思い出に残る結婚式の様子をビデオやカメラに収めるのはすでに一般的なことです。

多くは式場と契約している撮影業者の存在でお任せということが多いかと思います。

しかし、その費用は半端なく高い値段が設定されているところがほとんどです。

式場によっては自主持込みでも費用が掛からないところがあります。実際問題、持込みだと別途費用がかかるの自体いかがなものかと考えてしまいます。

正直なところ、カメラマンによって写真の写り方やビデオの撮り方はずいぶん変わります。

従いまして一方的に式場が進めてくる業者を使わなければならいのは矛盾していると思っています。

私もブライダル撮影には出かけていきますが、やはり工夫があります。

メインカメラとサブカメラ、あらかじめ打ち合わせを行い、それぞれの役割をはっきりさせます。

そうすることで、違うアングルの映像が得られるため、編集のバリエーションがかなり広くなります。

長野県にあるサンクゼールというワイナリーレストラン、ここにはチェペルも併設されており、しばらくの間ここと契約をしてカメラの撮影を行いました。

ガーデンパーティもできることから外での撮影ということもありました。

撮影に関する記事はまた別の機会に詳しくお話しすることにします。

プロフィールビデオ

写真やビデオの撮影と一緒に定番のプロフィールビデオやエンドロールも用意される方があるかと思います。

今ではパソコンの発達により自作される方もおられますが、結婚式準備で大変な中作るのは非常に大変です。

そんなときに便利なのが我々のような制作会社なわけです。

私自身プロフィールビデオ制作サイトを運営するきっかけは姉の結婚式や友人の結婚式で頼まれて制作したプロフィールビデオです。

大体の希望を聞いてから制作するわけですが、これがまた非常に喜ばれるのです。

この事業は皆様の結婚式のお手伝いができる素晴らしい仕事だと思い事業化を志しました。

しかも、夫婦で運営ですから、これからご結婚される方々の気持ちもよくわかりますし、ちょっとしたご要望にもお応えするようにしています。

制作の仕方はお写真を大事にした制作方法にしております。

昔はCGの発達でふんだんにCGを取り込んだものを作っていましたが、本来の意味を再確認した結果、いたってシンプルなものが一番だという結果になりました。

ジャケットやサンプルビデオはすべてわたくしたち夫婦がそのまま出演しています。

dvd-jacket.jpg

コメントする